bitFlyerで調達した1BTC(正確には手数料を差し引かれたので0.9985BTC)を使って、クラウドマイニングのハッシュパワーを購入しました。

以前、クレジットカード決済で失敗したHashFlareでの購入が主目的でしたが、1BTC分となるとそれなりの量になるので、既に取引の実績のあるGenesis Miningでも購入することにしました。

手順はHashFlareもGenesis Miningもほぼ同じで、紹介しているサイトも多くあるのでざっくり概要だけ説明します。

  1. 購入したいハッシュパワーの種類と数量を選択
  2. 決済手段をクレジットカードではなく、ビットコインを選択
  3. 取引毎に異なる送金用ビットコインアドレスと、送金すべき単位が表示
  4. bitFlyer(自分のウォレット)から送金用ビットコインアドレスに指定された金額を送金

これで、しばらく待つとハッシュパワーの購入が完了します。

Genesis Miningは1分ほどで購入が完了しましたが、HashFlareは初めてだったので少額で試したところ、送金してから購入が完了するまで45分程度かかりました。(本命の2回目は10分程度で完了)

ビットコインの送金はキャンセルが出来ない為、待っている45分の間は不安で対策を調べちゃいました。
こちらのサイトを参考に問い合わせの準備でもしようかと考えていたら、購入が完了したのでホッとした次第です。

で、1BTC(正確には0.9985BTC)でどれだけ購入できたかというと、
Genesis Miningはあまり細かな指定ができないので、前回と同様に15TH/sを0.469BTCで購入。
HashFlareは最初お試しで0.7TH/sを0.0206BTCで購入、本命の2回目は17TH/sを0.5006BTCで購入して、bitFlyerには端数の0.0068BTC(現在の相場で約3,000円)が残っています。
1HT/s辺りの費用を比べるとGenesis Miningが0.03127BTCでHashFlareは0.02945BTCなので、HashFlareの方が若干お得感がありますね。
まぁ、この程度の差ならリスク分散の為に、両方で投資するのが正解かと思っています。

ちなみに、bitFlyerのビットコインを外部に送金する場合、数量にかかわらず0.0005BTC(現在の相場で約225円)かかるようなので、取引はできるだけまとめて行った方がよさそうです。

(bitFlyerの入出金履歴より)

クレジットカードで買うよりずっと楽なので、今後の追加投資する場合もビットコインを活用していくつもりです。

いつものおまけ)
Genesis Miningでハッシュパワーを購入時にプロモーションコード(クーポンコード)として
lhkoIu』と入力いただければ3%オフになります。良かったらお使いください。