2017/9/30時点でGenesis MiningもしくはHashFlareで保有している通貨(ハッシュパワー)を対象に、実績値を元に投資効率の比較を行いました。

前提条件(共通)

  • ハッシュパワーの価格は本日時点のものを利用しています。
    HashFlareは投資額によって単価が変わりませんが、Genesis Miningは高額になるほど単価が安くなるため、一番安くなる価格に更にクーポンコードが使用されて3%OFFとなっている前提で計算しています。
  • Genesis Miningのsha256は無期限ですが、比較のために2年(730日)を前提に利益率を算出しています。
  • 通貨の価格はこちらで昨日時点の値を利用しています。
  • 回収期間、利益率はドル建てで計算しており、ドル/円の為替相場は考慮していません。
  • 利益率は0%でプラスマイナスゼロで、0%未満だと赤字です。

前提条件(先週からの変更点)

  • 商品のラインナップや価格に変更点なし。

考察

先週心配していたSHA-256によるBTCのマイニング量の減少は、HashFlare、Genesis Mining共に9/23、24頃で底打ちして回復傾向にあります。
2~3週間前までと比べるとまだ20%程度少ないですが、減少が止まったことを素直に喜びたいと思います。

一方でHashFlareのX11でのDASHのマイニングがひどい状況にあることに気が付きました。
9/23と9/30を比較すると産出量が約1/4まで減ってしまっています。更に過去の採掘データと比較してみたところ9/1と9/30では約1/10まで減っていることが分かりました。

参考)試算表より
9/1  0.276DASH
9/23 0.106DASH
9/30 0.028DASH

HashFlareのX11には2万円程度投資していますが、このままだと元本回収も厳しそうです。。。(涙)
そして、ZECの産出量も減少傾向に・・・。
アルトコインのマイニングはビットコイン以上に採掘量減少のリスクがあることを念頭に置いて、投資の判断をしていかなきゃダメですね。

しばらくHashFlareもGenesis Miningも追加投資はせずに、元本回収を進めて行きたいと思います。GMOやDMMのマイニング事業が始まったらそちらにも投資したいですし。

いつものおまけ

Genesis Miningでハッシュパワーを購入時にプロモーションコード(クーポンコード)として
lhkoIu』と入力いただければ3%オフになります。良かったらお使いください。