2017/10/21時点でGenesis MiningもしくはHashFlareで保有している通貨(ハッシュパワー)を対象に、実績値を元に投資効率の比較を行いました。

前提条件(共通)

  • ハッシュパワーの価格は本日時点のものを利用しています。
    HashFlareは投資額によって単価が変わりませんが、Genesis Miningは高額になるほど単価が安くなるため、一番安くなる価格に更にクーポンコードが使用されて3%OFFとなっている前提で計算しています。
  • Genesis Miningのsha256は無期限ですが、比較のために2年(730日)を前提に利益率を算出しています。
  • 通貨の価格はこちらで昨日時点の値を利用しています。
  • 回収期間、利益率はドル建てで計算しており、ドル/円の為替相場は考慮していません。
  • 利益率は0%でプラスマイナスゼロで、0%未満だと赤字です。

前提条件(先週からの変更点)

  • 商品のラインナップや価格に変更点なし。

考察

今週は少し不可思議なことが起こっています。
10/15頃にビットコインの採掘難易度がUp(約1125G→約1200G)しました。(こちらのサイトで確認できます)
その結果を受けてかHashFlareのSHA-256の採掘量はガクッと減少したのですが、なぜかGenesis Miningのsha256は変わらずに一定量を採掘し続けてくれています。
両社の動きが違うのが気持ち悪いです。どちらかリアルにマイニングはしていないとか憶測し始めちゃいますね・・・
まぁ、減るはずの所が減らないでくれているので、とやかく言う気はありませんが。

そして、ビットコインの価格上昇が止まりません。
この記事を書いている段階で1BTCがCoinBaseで$6,180、bitFlyerでは70万円を超過しています。
10/25のハードフォーク前のお祭り騒ぎですね。
祭り後の暴落を狙って、私は着々とBitfinexでドルに換金しています。
もちろん換金したドルはLendingに回しています!!

最後に、8月中旬から本格的にクラウドマイニングを初めて、2ヶ月が経過しました。
2か月間でどの程度投資を回収できたのか試算してみると、32%となりました!
採掘された通貨すべてを昨日時点での相場で換金した場合の想定なので、実際にはもっと安値で換金しているので下振れしますが・・・
ただ、投資の元本には、Genesis Miningで10/31から採掘がはじまる分(全体の3割程度)も含まれているので、それを考慮に入れるとかなり良い数値だと感じています。
まずは早く元本を回収して、安心したいところです。

いつものおまけ

Genesis Miningでハッシュパワーを購入時にプロモーションコード(クーポンコード)として
lhkoIu』と入力いただければ3%オフになります。良かったらお使いください。