2017/12/02時点でGenesis Mining及びHashFlareで保有している通貨(ハッシュパワー)の実績値を元に投資効率の比較を行いました。

前提条件(共通)

  • ハッシュパワーの価格は本日時点のものを利用しています。
    HashFlareは投資額によって単価が変わりませんが、Genesis Miningは高額になるほど単価が安くなるため、一番安くなる価格に更にクーポンコードが使用されて3%OFFとなっている前提で計算しています。
  • Genesis Miningのsha256は無期限ですが、比較のために2年(730日)を前提に利益率を算出しています。
  • 通貨の価格はこちらで昨日時点の値を利用しています。
  • 回収期間、利益率はドル建てで計算しており、ドル/円の為替相場は考慮していません。
  • 利益率は0%でプラスマイナスゼロで、0%未満だと赤字です。

前提条件(先週からの変更点)

  • HashFlareがCYBERWEEKのセールで全体的に値引きが行われています。
  • Genesis MiningがMonero以外は売り切れになっています。

考察

まず、いつもの表に「購入可能なパワー」の行を追加しました。
本日断面で1万USドルを投資した場合に購入可能なハッシュパワーの目安としてお考えください。
Genesis MiningはMonero以外は売り切れとなっているので、参考と言うことで・・・

HashFlareが先週はBlack Fridayのセールでしたが、その後、続けてCYBERWEEKのセールが行われています。12月4日まで続ける模様。5日以降もまた別のセールをやったりして・・・
セール中のSHA-256の割引率は先週から変わらずですが、割引中は収益を再投資に振り向けています。今回のセールで15TH/sぐらい追加できそうな感じです。
X11とEQUIHASHは先週より更に割引されてますが、X11は相変わらず罠なので買わないように気を付けましょう。

それにしてもSHA-256の利益率及び、回収期間が恐ろしいことになってきてますねぇ。
あくまでも今の相場、採掘量が続けばの前提ですが3ヶ月もしないで投資を回収できてしまう計算です。
ここまでくると採掘開始まで100日以上の待機期間があるGenesis MiningよりHashFlareの方が良い気がしてきました。Genesis Miningで採掘が始まる前に元本を回収できてしまう訳ですから・・・

この状態はいつまでもは続かないとは思われますが、できるだけ続くことを期待しています!

いつものおまけ

Genesis Miningでハッシュパワーを購入時にプロモーションコード(クーポンコード)として
lhkoIu』と入力いただければ3%オフになります。良かったらお使いください。