2018/01/13時点でGenesis Mining及びHashFlareで保有している通貨(ハッシュパワー)の実績値を元に投資効率の比較を行いました。

前提条件(共通)

  • ハッシュパワーの価格は本日時点のものを利用しています。
    HashFlareは投資額によって単価が変わりませんが、Genesis Miningは高額になるほど単価が安くなるため、一番安くなる価格に更にクーポンコードが使用されて3%OFFとなっている前提で計算しています。
  • Genesis Miningのsha256は無期限ですが、比較のために2年(730日)を前提に利益率を算出しています。
  • 回収期間、利益率はドル建てで計算しており、ドル/円の為替相場は考慮していません。
  • 通貨の価格はこちらで昨日時点の値を利用しています。
  • 利益率は100%でプラスマイナスゼロで100%未満だと赤字となります。
  • 複数のサイトから手動で収集したデータを元に集計を行っているため、十分に注意を払っていますが一部誤りがある可能性があります。ご了承ください。

前提条件(先週からの変更点)

  • Genesis Miningのモネロ(XMR)用のハッシュパワー、cryptonightが売切れとなりました。
  • Genesis Miningのsha256でビットコインキャッシュ(BCH)を採掘した場合の試算値を追加しました。

考察

Genesis Miningの商品がすべてSOLD OUT(売切れ)となりました!
モネロ(XMR)用のハッシュパワーの追加購入を考えていたので残念なのですが・・・
しばらくは追加投資はせずに様子見となりそうな感じです。

次に、Genesis Miningのsha256のハッシュパワーの半分をビットコインキャッシュ(BCH)の採掘に振り分けることにしました。
先週の記事でも報告した通り現時点では利益率に大きな差がなかったのでリスクヘッジの為と言うこともありますが、何よりもこのブログのネタになりますので。

早速、実績値を確認してみると、BTCに比べてBCHの採掘量の変動が大きいのが見て取れます。
BTCは約2週間に一度難易度調整があるのに対してBCHは1ブロック生成毎に難易度調整があると話には聞いていましたが、数値で見ると納得できますねぇ。
まだまだ実績値の情報が少ないので、今後も引き続きウォッチしていきたいと思います。

 

プロモーションコード(クーポンコード)について

いつものおまけです。
Genesis Miningでハッシュパワーを購入時にプロモーションコード(クーポンコード)として
lhkoIu』と入力いただければ3%オフになります。良かったらお使いください。